英語では”イースト菌”と呼ばれる酵母菌。植物の表面や空気中などのいたるところに存在すると言われています。その効果や種類、含まれる食べ物などを解説します。

酵母菌の効果と働き

  • 免疫力がアップする
  • 肥満の予防
  • 便秘の改善
  • 疲労の回復

糖質をアルコールと炭酸ガスに分解する働きがある酵母菌には、以上のような効果があります。

お酒の発酵やパンをふくらませるために活用されています。

胃で死滅せずにダイレクトに腸まで届く酵母菌。

必須アミノ酸やビタミンB群を豊富に含むため、摂取することで食べ物に含まれる糖質を分解してくれるでしょう!

酵母菌の種類とは?

  • ビール酵母
  • ワイン酵母
  • 日本酒酵母
  • パン酵母(生イースト・ドライイースト)

酵母菌には350以上の種類があると言われています。

パンやお酒だけでなく、味噌やしょうゆ、酢などにも含まれており、用途によって呼び名が変わります。

酵母菌の作り方と摂取方法

現在発酵食品に使われている酵母菌は、食材に合わせて純粋培養された菌から雑菌を取り除いたもの。

家庭でもレーズンやバナナなどの身近な食材を利用して、天然酵母を作ることが可能です。

基本的には水と食材を密封して放置。

適度にかき混ぜるだけで酵母菌を作ることが出来ます。

うまく作る自信が無い方、混ぜるのを忘れそうな方はサプリメントで摂取しても良いかも知れませんね。

乳酸菌が含まれているサプリメントほどの種類はありませんが、酵母が含まれているサプリもあります。

酵母菌についてまとめ

腸内環境を整えるために重要な働きをする酵母菌。適量であればお酒が体に良いと言われるのは酵母菌の働きが大きいと思います。

意識して摂取しないと不足しがちな菌なので、ダイエットしたい方や便秘を改善したい方は積極的に摂取するように心がけましょう。