腸内環境を整える効果があると言われているラクトフェリン。タンパク質の一種ですが、菌活には欠かせない存在です。その効果や副作用について詳しく解説します。

ラクトフェリンの効果と働き

  • 便秘の解消
  • 代謝の向上
  • 免疫力アップ
  • 下痢・肌荒れの改善

牛乳に含まれるタンパク質の一種であるラクトフェリン。

母乳にも含まれていると言われており、腸内の悪玉菌の増殖を抑え、善玉菌の働きを活性化します。

腸内環境が整うことで以下のような効果が期待できます。

インフルエンザやノロウイルスの予防にも効果があると言われており、それらの感染症が流行する時期には特に重要な働きをすると言っても良いでしょう。

ラクトフェリンには副作用があるのか?

副作用という訳ではありません、ラクトフェリンを飲みすぎると下痢になることがあるようです。

これは自然の摂理なので仕方がありませんが、体が小さいこどもは特に、その摂取量には気をつけたほうが良いでしょう。

適切な摂取量を守っていれば問題ないと思いますが、もしも下痢が出てしまう場合は摂取を控えるか、摂取量を減らすことを検討してみて下さい。

ラクトフェリンの摂取方法

ラクトフェリンが含まれているヨーグルトもありますが、持ち運びも出来るサプリでの摂取がおすすめ。

旅行中などでも飲むことが出来ますし、かさばらないので便利です。ホコニコのラクトフェリンには乳酸菌も含まれており、腸内環境の改善に大きな効果が期待できます。

ヨーグルトが面倒だと思う方、どのサプリを選べば良いか迷ってしまう方はホコニコのラクトフェリンを飲むことをおすすめします。

ラクトフェリンの効果と副作用についてまとめ

菌活のために非常に重要な働きをするタンパク質です。他の菌と組み合わせことで、更に腸内環境の改善を促進することが出来ますので、積極的に摂取することをおすすめします。