腸内環境の改善や免疫力の工場に効果がある乳酸菌。腸内フローラのバランスを整える菌として、菌活でかかせない存在です。乳酸菌の種類や特徴、摂取方法について解説します。

乳酸菌の効果と働きを紹介!

  • 免疫力がアップする
  • 花粉症などのアレルギー症状の予防・緩和
  • 便秘の改善
  • 美肌効果

乳酸菌には、大腸で難消化性の糖質を分解する働きがあります。難消化性の糖質とは人間の消化酵素によって分解されない糖質のことで、オリゴ糖やデキストリンなどがあげられます。

乳酸菌によって分解された難消化性の糖質は、酢酸や酪酸、乳酸などの短鎖脂肪酸やビタミン・アミノ酸に変化します。

乳酸や酪酸は悪玉菌の増殖を抑える効果があり、乳酸菌を摂取することは腸内環境の改善に繋がるのです。

乳酸菌の種類とは?

  • ビフィズス菌
  • フェカリス菌
  • ブルガリア菌
  • ヤクルト菌

200種類以上の菌があると言われている乳酸菌。動物性の乳酸菌と植物性の乳酸菌に大別されます。

どの菌も腸内環境を整える効果があり、菌活のためにはなるべく色々な種類の乳酸菌を摂取することが有効です。

乳酸菌の摂取方法

続いて乳酸菌の摂取方法について解説します。自分にあっている摂取方法を見つけて、効率よく乳酸菌を補給しましょう!

乳酸菌の摂取方法①:乳酸菌飲料

ヤクルトや飲むヨーグルトなどの乳酸菌飲料は、お手軽に乳酸菌を摂取できます。持ち運びが不便というデメリットはありますが、毎日の習慣にすることで腸内環境を整える事が出来るでしょう。

乳酸菌の摂取方法②:サプリメント

持ち運びしやすく、手軽に摂取できるサプリメント。乳酸菌を摂取するための方法としておすすめです。

乳酸菌だけでなくラクトフェリンや他の菌も含まれているサプリなら更に理想的ですが、まずはこのサイトで紹介しているビセラを飲んでみてはいかがでしょうか?

乳酸菌の摂取方法③:食べ物

  • 漬け物
  • チーズ
  • ヨーグルト
  • キムチ

ドリンクやサプリで乳酸菌を摂取することも大切ですが、普段の食事から乳酸菌が含まれている食べ物を摂取するように意識すると良いでしょう。

乳製品や発酵食品には多くの乳酸菌が含まれているので、積極的に摂取するようにして下さいね!

乳酸菌についてまとめ

腸内環境を整える効果がある乳酸菌は菌活の要とも言える存在。腸内フローラのバランスを整えることはダイエットにも効果的なのです。

乳酸菌を外部から取り入れることで、腸内の乳酸菌や善玉菌の働きを促進することが出来るので、食事やサプリメントで積極的に摂取してみて下さい。